ページの先頭です。

5つのスキップメニューです。
このページの本文へ
関連ページのメニューへ
コンテンツメニューへ
インフォメーションメニューへ
日刊 温暖化新聞 ホームへ

本文の先頭です。

日刊 温暖化新聞|パートナー企業・団体

取り組み一覧

ロゴマーク

東京ガス株式会社

とうきょうがす

関連キーワード
天然ガス 電力 燃料電池 エネファーム コージェネレーション スマートエネルギーネットワーク 水素

東京ガスグループのCSRの取り組み

東京ガスグループは、CSRの推進を経営理念・企業行動理念の実現そのものと考え、エネルギー事業者として公益的使命と社会的責任を果たし、日々の事業活動を通じて社会に貢献するという方針を掲げています。
「チャレンジ2020ビジョン」の実現に向けて、国際社会の良き一員として、グローバルな視点でCSRを推進すべく、2016年3月には国連グローバル・コンパクトに参加し、より高いレベルでのCSR経営に取り組んでいきます。

■CSR基本方針
東京ガスグループは、日々の事業活動を通じて経営理念・企業行動理念を実現し、公益的使命と社会的責任を果たすことをCSRの基本とする。
そして、国内外において、社会からの期待・要請を常に捉えながら、事業活動を通じて社会課題の解決に着実に取り組むことで、社会の持続的発展に貢献し、お客さま、株主の皆さま、社会からの信頼を永続的に得て発展し続ける東京ガスグループをめざす。

■経営理念
東京ガスグループは、天然ガスを中心とした「エネルギーフロンティア企業グループ」として、「快適な暮らしづくり」と「環境に優しい都市づくり」に貢献し、お客さま、株主の皆さま、社会から常に信頼を得て発展し続けていく。

■企業行動理念
1.公益的使命と社会的責任を自覚しながら、企業価値を増大させていく。
2.常にお客さま満足の向上をめざし、価値の高い商品・サービスを提供する。
3.法令およびその精神を遵守し、高い倫理観をもって、公正かつ透明な企業活動を行う。
4.環境経営トップランナーとして、地球環境問題の改善に貢献する。
5.良き企業市民として奉仕の精神を深く認識し、豊かな社会の実現に貢献する。
6.絶えざる革新により、低コスト構造で、しなやか、かつ強靭な企業体質を実現する。
7.一人ひとりの「能力・意欲・創意」の発揮と尊重により、「活力溢れる組織」を実現する。

 

東京ガスグループの環境への取り組み

■環境理念
東京ガスグループは、かけがえのない自然を大切に資源・エネルギーの環境に調和した利用により地域と地球の環境保全を積極的に推進し社会の持続的発展に貢献する。

■環境方針
1.お客さまのエネルギー利用における環境負荷の低減
環境性に優れた天然ガスの利用促進と効率が高く環境負荷の小さな機器・システムの提供により、お客さまのエネルギー利用における環境負荷の低減に積極的かつ継続的に取り組む。

2.当社の事業活動における総合的な環境負荷の低減
循環型社会の形成に向けて、効率的・効果的な環境マネジメント活動を展開し、事業活動における資源・エネルギーの使用原単位を継続的に低減するとともに廃棄物等の発生抑制・再使用・再資源化とグリーン購入を積極的に推進し、環境負荷を総合的に低滅させる。

3.地域や国際社会との環境パートナーシップの強化
地域の環境活動への参加から温暖化対策をはじめとした国際環境技術協力に至る幅広い活動を通じて、地域や国際社会との環境 パートナーシップを強化する。

4.環境関連技術の研究と開発の推進
地域と地球の環境保全のため、新エネルギーを含む環境関連技術の研究と開発を積極的に推進する。

5.生物多様性の保全と持続可能な利用の推進
自然の恩恵の重要性を認識し、将来にわたり享受し続けるために、事業活動における生物多様性への影響の把握や改善に努め、持続可能な利用を推進するとともに、地域社会と連携して生物多様性保全活動に取り組む。

6.環境法令などの順守と社会的責任の遂行
環境関連の法律・条令および協定等を順守するとともに、従業員一人ひとりがグローバル基準に則した社会的責任を遂行する。

■環境保全ガイドライン
東京ガスは、「環境理念」と「環境方針」に基づき、中長期の環境活動目標を定めた「環境保全ガイドライン」を2000年度に策定しました。
2005年度には、その対象範囲を関係会社に拡大し、「温暖化対策」「資源循環の推進」「グリーン購入の推進」を3つの柱として取り組みを進め、2009年度には、「生物多様性保全の推進」「環境コミュニケーションの推進」「環境関連技術開発の推進」を新たな柱に加えて、低炭素社会の実現、循環型社会の形成、自然共生社会の構築をめざすこととしました。
現在は、「チャレンジ2020ビジョン」の実現に向けた内容の見直しに伴う改定を行い、グループをあげて取り組みを進めています。

 

温暖化に効くイチオシ商品・サービス

家庭用燃料電池 エネファーム

エネファームは、都市ガスから電気とお湯をつくりだす家庭用コージェネレーションシステムです。都市ガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させることで発電し、その際発生する熱を給湯に利用できるため、エネルギーを無駄なく活用できます。電気をつくる場所と使う場所が同じなので送電ロスもなく、省エネ、省CO2に貢献するエネルギーシステムです。

詳細はこちら(別ウィンドウで開きます)

 
企業データ
本社 東京都
Webサイト 東京ガス株式会社
CSR・サステナビリティ・環境報告書:
東京ガスグループCSRレポート

取り組み一覧

 
3つの文字サイズ選択メニューです。
文字サイズ小
文字サイズ中
文字サイズ大

検索と7つのインフォメーションメニューです。

日刊 温暖化新聞 パートナーシップ 募集のご案内
Information
お問い合わせ
このサイトについて
プライバシーポリシー
リンク・メディア掲載について
応援メッセージ
日刊 温暖化新聞 編集部
サイトマップ
 
11個のコンテンツメニューです。
ホーム
ホーム
温暖化NEWS
温暖化BASIC
温暖化REPORT
温暖化FAQ
グラフを読む
あの人の温暖化論考
伝える人になる
パートナーシップ
エダヒロはこう考える
RSSフィード
twitter
YouTube
パートナーシップのご案内のサブコンテンツメニューです。
企業・団体パートナーの取り組み
企業・団体パートナー全一覧
募集のご案内
イベント・フォーラム